スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画家の多くはキチガイカルト創価学会員

マスコミが創価学会やその手先の警察の事実が隠し、それが市民のためになっていないかが分かるウィキと創価学会スレをコピーしました。長いので編集しています。内容はほぼ事実です。創価学会員の多い地域に住んでいるので分かります。
創価学会はあんな異常な事件を起こしても反省も改心もしないオウムとまったく同じ性質のものばかりです。外国でももちろん世界中の犯罪カルト団体と同じに考えられています。そのリストもネットにあります。
他にこの犯罪カルト団体が関わっている集団ストーカーに付いてもリンクします。ここに書かれていることは全て事実です。
「学会犯罪の履歴」これがこのカルト団体の正体です。
http://members.at.infoseek.co.jp/netplane/hanreki.html
「集団ストーカーに関わっている創価学会」
http://www.geocities.jp/an_idle/
「マインドコントロールの実態」
http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/index.html

創価学会員はほとんどがこの集団ストーカーにかかわり、そのためだけにその地域に住んでいるものも多いのです。そういうオウムより異常な団体が政治に関わってきたから日本は腐りました。今の民主党は多くが創価学会員です。
事件の数は減っていると言われているのに異常な事件が多いのはそれはほとんど創価学会員が起こしているからです。そして検挙率が落ちているのは創価学会に命令されている警察がわざと検挙しないからです。これだけでもこのカルト団体がどれだけ社会を悪くしてるか分かりません。
その異常さは公明党議員が今までに起こした事件や問題をネットで調べれば分かります。その実態はあまりにおぞましいのでここに書けないほどです。戦前から腐り果てた異常者の溜まり場なのは現在もまったく同じでそういうものを利用して政治、経済、社会を腐らせてきたバケモノ団体です。
大阪も部落と在日創価学会員が多いですが、ここで異常な知事が選ばれる事が多いのはそのせいです。未だに部落の多い地域の近くに人が住みたがらない。ネットでもよく「近くに部落があるようですが」という相談をしている人がいます。マスコミがどんなに情報操作しても在日や部落に創価学会などのヤクザより異常な団体が関わっていることを知っているからです。その事実を隠すために批判している人間に妨害をしているのです。仕事の妨害まで平気でするのですからよく言われるようにオウムと同じ犯罪カルトです。
因みに四国では創価学会のCMが流れていますが局は岡山放送です。信じられないことにこのローカル番組で創価学会のCMが流れています。高松駅には創価大学のポスターがあるという完全な創価学会県です。ほとんどまともな人は住んでいません。
香川でしか読まれていない四国新聞はパチンコ店と創価学会系の出版社の広告ばかりで、岡山や四国はかなり創価学会に汚染されています。
ここに丁度学会系のイオンが出来たのは前の参院選の直前でした。香川でも民主党が1位当選しました。そして創価学会町、香川県高松市鶴市町の幹部学会員の家の塀に民主候補のポスターが貼られるようになりました。
幹部学会員は異常に高い塀の家に住みどう見てもこの不況がつづく地方でまともなものの家ではありません。創価学会が政治を利用して一般人の生活がどうなろうと自分たちの腐った利権と保身しか考えていない。バケモノたちです。
特に池田と言う名字の家は教祖の関係者で多い。番地は2004から産業道路の間に多く点在しています。池のつく家が異様に多いのはやはり関係者が多いからです。産業道路では毎日キチガイ学会員がワザとエンジンを鳴らして集団暴走しています。もちろん警察は取り締まりません。
特にトーカイ工場前の大きなマンションは創価学会マンションで毎日不審なものが車やバイクを暴走させて騒音公害を起こしています。こういうことをするためだけにここに住んでいるものがほとんどです。

以前、私がここを通りかかった時にいきなり住んでいるものが大型四輪駆動で人の前に出てきた道路を塞ぐと言う信じられないことをしました。私が驚いてその30代くらいの主婦らしいものを見ると、謝るどころか私を睨んでいました。このように、一般人を勝手に監視し、恨みや妬み殺意を持って嫌がらせをしてくる。こう言う集団ストーカーを何十年も前から学校や社会で行っています。確かそういうことが社会問題になったのは公明党が与党になってからです。
学会員は株主もいて会社の経営に口を出して勝手に社員を辞めさせるよう命じたりと社会を悪くする事ばかりしています。今のような狂った経済。格差社会を造ったのは間違いなくこのカルト団体です。
創価学会を批判している人間の仕事や生活の妨害をします。だから批判を続けているのにそういう妨害もほとんど無く事務所を持つということは絶対にできません。そういうことをしている白川氏は間違いなく創価学会員です。弁護し活動をしてして個人情報を集めて利用する。


現実にはカルトなど興味もない普通に平和に暮らしている人間の仕事や生活の妨害を全国、いや、世界中でしています。外国でも犯罪的なカルト団体と指定されているその悪質さはネットでなければ調べることはできませんし、この団体についてネットの世界でいわれていることはほとんど事実です。
下層学会員は何も知らないような言われ方をされていますが、創価学会がオウムより悪質な異常な団体と知っている学会員がほとんどです。


[編集] 鶴タブー
日本における多くのマスメディアが報道や出版において、宗教法人である創価学会に対する批判を控えることを指す。 鶴タブーという名称は創価学会がかつて講として属していた日蓮正宗の紋が鶴であることに由来している(日蓮正宗と関係を断った創価学会は1977年(昭和52年)以降、シンボルマークとして八葉蓮華を用いている)。鶴タブーという言葉は1970年代には既にマスコミ界、言論界で広く流れていたという[4] 。鶴タブーの背景にある理由は以下の通り。
?創価学会、公明党およびそれに関する団体・信者からの抗議や訴訟などを懸念する。1970年代に創価学会批判本を出版した著者、出版社、取次店、書店などに様々な圧力がかけられた。これは「言論出版妨害事件」として社会の強い批判を浴び、池田大作名誉会長が公式に謝罪している。また、2000年代においても、創価学会を批判した『週刊新潮』などは、機関紙『聖教新聞』や関連企業である第三文明社等が出版する雑誌などで厳しく批判されたり、裁判で訴えられたりしている。
?各種マスメディアにおいては、創価学会系企業が広告料を支払うスポンサーになっていたり、印刷所においては創価学会関連の仕事が大きなウェイトを占めているという経営状況から、経済的不利益を被りたくないと考え、批判的に取り上げにくいとされている。これらは顧客になることで批判を封じ込めるメディア戦略と見る向きもある[5][6]。また、芸能界やテレビ関係者に創価学会員が増えてきていることが鶴タブーを拡大再生産しているという指摘もある[7]。
?公明党の政治的影響力を恐れているため。特に1999年10月に公明党が与党入りしてから、各誌における創価学会批判が激減したという指摘もある。[8]。
?鶴タブーの例外としては、1970年代の「言論出版妨害事件」を『しんぶん赤旗』がさきがけてスクープ報道し、他の大手マスメディアもそれに追随したことが挙げられる。また、2003年頃から『週刊新潮』、『週刊文春』 『週刊ポスト』などの一部週刊誌が創価学会に対する批判報道を行なっている[9]。

[編集] 治安に関するタブー

[編集] 桜タブー
桜は警察紋章(正確には「旭日章」)に由来する。権力機関である警察は市民生活にも密着し、またその保持する情報の質、量は他機関の比ではない(制服警官による戸別の「巡回連絡」が行なわれ、聴取内容がファイル「巡回連絡簿」にまとめられている事を見れば明白である)。いくつかの隠蔽し切れなくなった警察不祥事を含め、現在でも様々な“裏”がある可能性は、内部告発などに見るように否定しきれない。しかし、マスコミがこれを大々的に批判・追及すると、事件取材の際に取材拒否・記者クラブ出入り差し止めを受ける事などの不利益があることから、各社共にこうした問題には及び腰となっている。したがって、この種の取材は差し止めの影響を受けないフリーランスジャーナリストの独擅場となる。
1.この桜タブーを破った事例として、最近では『北海道新聞』(道新)が2004年1月より行った北海道県警裏金問題追及が挙げられる。2年間で1400件の記事が掲載された一連のキャンペーンで北海道警察(道警)は組織的な裏金作りを認め使途不明金約9億6千万円の返還に追い込まれた。また道新は日本ジャーナリスト会議大賞・日本新聞協会賞・菊池寛賞・新聞労連ジャーナリスト大賞等、各賞を受賞した。しかし、一連のキャンペーンは道警の報復を呼び取材活動で多くの支障が生じた。2006年1月の「道警の泳がせ捜査の失敗で道内に覚醒剤が流入」とした記事は、道警への直接取材ができない中、伝聞に基づくものであったため、2005年3月に「不適切な記事」として「おわび」の記事掲載を余儀なくされた(しかし記事の訂正には応じない姿勢を示したため、道警が記事の削除と結果説明を要求し対立が続いている)。# 桜タブーを破ったために報復を受けたというのは『ザ・スクープ』のケースが有名である。「検証報道番組」という独自のスタイルを確立していた同番組は、桶川ストーカー殺人事件の検証報道において埼玉県警察の怠慢捜査が殺人に至った最大の原因であると暴き、徹底追及した結果、ついに警察に非を認めさせることに成功。道新のケース同様数々の賞を受賞したが、この事が原因で製作元のテレビ朝日は同様の報道が妨害されるようになり[要出典](現在も同様の報道はしているが、反響が大きいと及び腰になるといわれる[要出典])、更にメインキャスターの鳥越俊太郎が『サンデー毎日』の記者時代にイエスの方舟事件で主宰の千石イエスを匿っていたという過去からか警察庁が総務省を介して番組打ち切りの圧力をかけるようになり、ついには製作元がこれに抗する事が出来ず、ローカル枠格下げを経て放送打ち切りに追いやられた。ただし現在は不定期スペシャルとして継続している。[要出典]



新宿区信濃町(総武・中央線沿い)でカメラ撮影をすると、周りから創価学会員が 集まると同時に、複数のスモークを張った車が尾行を始める。

http://white.jpg-gif.net/bbsx/18/img/95687.jpg    
http://white.jpg-gif.net/bbsx/18/img/101346.jpg
http://white.jpg-gif.net/bbsx/18/img/103468.jpg
http://white.jpg-gif.net/bbsx/18/img/95697.jpg

日本の未来
http://white.jpg-gif.net/bbsx/18/img/103923.jpg

7 名前:名無しさん@恐縮です:05/03/12 13:11:09 ID:sm5C/Rcu
こいつらが集金した金が犬策様に・・・
主体思想。
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。